a

熟成乾燥ブログ

  • 熟成乾燥ブログ
  • ホシザキ東北のテストキッチンでドライ野菜、ドライフルーツの試作を行いました

ホシザキ東北のテストキッチンでドライ野菜、ドライフルーツの試作を行いました

食べる事は生きる事。
ネスターの仕事はその「食」すなわち食べる事に直結しています。
食べる事が生命を維持する目的だけでなく、文化やアートとなり、楽しみへとつながれば、人生はハッピーなものになります。
「食」で人生が健康でハッピーになるよう、私たちは「食」を通じて社会に貢献する事を企業理念にしています。

2019年7月16日~17日、グループ会社のテストキッチンで熟成乾燥庫FDD-12Bを使用してドライ野菜、ドライフルーツの試作を行いました。

食品の乾燥には様々な乾燥方法があります。
ネスターの熟成乾燥庫は吸気も排気も一切行わず、庫内で空気を循環させて食品から出た水分は結露させて外に排出する「除湿乾燥」という方法です。
したがって、匂いが漏れず、菌などが侵入する事のないクリーンな乾燥ができます。

キズがついて商品にならない青果や、形が悪くて出荷できない青果、食べる事ができるのに捨ててしまう「食品ロス」という課題を、乾燥によって解決する為に様々な野菜に工夫を凝らし乾燥しました。今回試作した一部をご紹介します。

ミックスドライ野菜は、そのまま食べてもOK、カップラーメンに入れたり、お湯を注いでスープにしたり、サラダに使ったりできるように味付けしました。

【彩鮮やかなパプリカ】

paprika

【だし汁で味付けして乾燥したミックス野菜】

mix-vegetable

こうして試行錯誤したレシピは、セミナーやデモなどで紹介しています。
セミナー、デモなどのお問合せ、ご希望される方はお気軽にお問合せページからご連絡ください。

chef

ホシザキグループの顧問シェフ多田さんとホシザキ東北コンサル室の鈴木さんと一緒に。